腸内フローラ サプリメント

腸内フローラを改善するサプリメント

腸内フローラ,サプリメント

腸内フローラを改善するサプリメントを探していますか?

 

それなら、配合されている種類の多い乳酸菌サプリメントを選びましょう。

 

いま注目されているのが、乳酸菌革命腸内フローラ,サプリです。
腸内フローラ,サプリ

 

乳酸菌革命に配合されている乳酸菌は
3大乳酸菌と呼ばれる

 

  1. ビフィズス菌
  2. ラブレ菌
  3. ガセリ菌

 

に加えて

 

  1. ラクトバジルスアシドフィルス
  2. ラクトバジルスブリガリクス
  3. ラクトバジルスガッセリー
  4. ラクトバジルスブレビス
  5. ラクトバジルスガゼイ
  6. ラクトバジルスヘルベティカス

 

が入っています。

 

そして、もうひとつ重要なポイント腸内フローラ,サプリメントが。

 

それは、乳酸菌が腸内フローラのところまで届くこと。

 

乳酸菌革命は、乳酸菌が胃酸や胆汁で死なないように、耐酸性カプセルに包まれています。

 

有効な乳酸菌をきちんと腸まで届けることで、効果が出るというしくみなんですね。

 

腸内フローラ,サプリメント

↓クリック↓

乳酸菌革命の詳細を見る腸内フローラ,サプリ

 

乳酸菌革命に配合されているラクトバチルスブルガリクスはR-1乳酸菌ではありません。 R-1乳酸菌は、(株)明治様のR-1ヨーグルトに配合のOLL1073R-1という乳酸菌です。

 

 

腸内フローラとは

皆さん、「腸内フローラ」という言葉をご存知でしょうか。

 

今、世間で話題になっています。

 

ヒトの体内の消化吸収を担う大本・回腸。

 

胃から始まり肛門に至るまでの長い長い消化器官の、特に大腸の後半部分のことを指します。

 

この範囲には、ありとあらゆる種類の細菌が生息しており、それぞれが自己の役割を持つことで、人体に良い影響、または悪い影響を及ぼすのです。

 

その種なんと数万種類、数にして1000兆を超えるとされます。

 

全ての腸内細菌は善玉菌、悪玉菌、日見和菌に分類され、その3属性の構成比率が腸内活動の良し悪しに繋がります。

 

そんな大規模な菌の密集地帯ですが、その多くはパターンの決まった、2〜4種類のまとまりとなって共存しているといわれます。

 

各種のまとまりが花畑のようであることから、フローラ=叢の意味でこの名が付けられました。

 

「腸内フローラ」が話題となっているのは他でもありません。

 

元々、ヒトの腸内に展開しているこの環境に、手を加えることによって、よりよい腸内環境へ変化させることが出来るのです。

 

その例が乳酸菌の摂取です。

 

近年、ヨーグルトやカルピスなどに多く含まれるようになった乳酸菌ですが、れっきとした腸内の代表選手です。

 

ヒトの体内で作られる乳酸菌には数に限りがあり、それだけでは健康を維持出来ません。

 

乳酸菌は、体内の免疫力を高めるとともに、消化器官を渡る有害物質の分解、便秘の改善などといった良い働きを多く併せ持っているため、私たちの食生活でも、積極的に摂取すべき存在なのです。

 

本来、これも腸内フローラの一役を担う存在ですが、現代社会における食の欧米化に始まり、あらゆる生活習慣の悪化に伴って、その数が減ってきています。

 

古来、日本人は、質素ながらも工夫した食生活を送ることで、知らず知らずのうちに、自ら乳酸菌を取り入れていたのです。

 

このように、健康に良いとされる様々な腸内細菌を外から取り入れ、腸内フローラの環境に刺激を与えることで、本来の活力を呼び戻すことが腸内フローラに見出された可能性となります。

 

多くの研究者の方々が、日夜その取り組みに貢献して下さっています。

 

皆さんも、これからより多くのメディアに取り上げられ話題となる腸内フローラに、今まで以上の関心を持ち、ご自身の健康に役立てていただきたいと思います。

 

腸内フローラを改善するサプリメントTOPへ

 

NHKでも放送された腸内フローラ

 

私たちヒトの腸内には、現在見つかっているだけでも数百種類、数にして100兆以上の細菌が生きています。

 

善玉菌や悪玉菌といったそれらの細菌は、いくつかのグループに分かれ共存し、人体に様々な影響を及ぼします。この腸内細菌の生態系を「腸内フローラ」と言いますが、今、腸内フローラが数多くのメディアで取り上げられているのです。

 

NHK総合テレビで2月22日(日)、様々な分野のタイムリーな話題を取り上げる情報番組「NHKスペシャル」、医療・健康の枠で特集が放送されました。

 

「腸内フローラ解明!驚異の細菌パワー」というタイトルで、始めに、腸内フローラとは何か。

 

その注目すべき効能とは。そして近年の研究課題という旨の構成で番組が進行されました。

 

こちらはNHKオンデマンドサービスにより、放送終了後も期間限定で視聴することが出来ます。

 

番組中でも大々的に取り上げられていたように、腸内フローラには、未だ計り知れない数多くの可能性が眠っています。

 

腸内細菌の秩序を整え、腸内環境を改善することにより、美容や健康に効果が発揮され、現代の社会問題ともいえる過労やうつも軽減させることが出来るとされています。

 

胃で食べたものを消化し、腸で分解・吸収を行う。私たちが日常的に口にする食べ物は、酵素の力により栄養素、非栄養素、有害物質の3つに分解され、それらはそのまま質量を変化させながら腸に到達します。

 

身体に必要としないもの、すなわち有害物質を作用するのが腸であり、その調子が良くなければ、アンモニアやカフェイン等の排泄物はそのまま体内に留まり続けます。腸は他の機能器官への重要なパイプ役なのです。

 

腸内フローラを改善する方法

動物の腸の中には、生まれて直ぐに多くの細菌が住み着きます。それは、私たち人間も同じ。

 

そして、こうした細菌を纏めて腸内フローラと呼んでいます。中には、腸内細菌草という名前の方がよく知っていると言う人もいるかもしれませんね。

 

最近は、こうした腸内フローラを効率良く体内に取り入れようとヨーグルトなどの乳製品が人気の様ですが、個人が体内に抱える腸内細菌の種類や数は、年齢や消化管の部位によっても様々。

 

つまり、腸内細菌は十人十色という事です。

 

まずは、この腸内細菌が体内のどこに生息しているのかという事ですが、人の体内で最も多く生息しているのが大腸。

 

ここでは、腸内含有物1gあたり約1000種類もの腸内細菌が生息しています。

 

そして、腸内でのビタミンやタンパク質の合成、食物の消化吸収の補助、脂肪の消化吸収に重要な胆汁酸の代謝、外来性の病原菌による腸管感染の阻止といった事に関わっているのが、この腸内フローラになります。

 

しかし、腸内フローラが齎すのは良い事だけではありません。こうした細菌たちは、発ガン性物質の代謝活性化、動脈硬化、高血圧、肝障害の原因にもなりうるんです。女性がなりやすい病気ベスト3に大腸ガンが入っているのも、便秘によって長い時間こうした細菌群を抱えているため。

 

では、どうやって自分の腸内環境を整えれば良いのか。

 

まずは、生活習慣を改善し、体にストレスを貯めない事が大切です。睡眠不足や消化不良によっても、体内の腸内フローラは影響を受けますからね。

 

また、ウォーキングなどをして定期的に体を動かす事もたいせつになって来ます。体を動かしているかどうかで、腸の働きも変わってきます。体の代謝機能と腸内フローラは、密接な関係にあるわけです。

 

そして、便秘がちの人の場合はヨーグルトや牛乳を飲むというのも腸内フローラの改善には有効だと思います。なので、まずは自分の腸内環境がどうなっているのか、それを認識する事から始めるようにしましょう。

 

腸内フローラを改善するサプリメントTOPへ

 

腸内フローラと食べ物

今話題となっている「腸内フローラ」をご存知でしょうか。

 

私たちの腸内には、約3万種もの細菌が住んでおり、それぞれが役割を持っています。

 

善玉菌、悪玉菌、日見和菌とにグループ分けされるそれらは、巧みに共存しながらその比率を保っています。

 

一般的には善玉菌20%、悪玉菌10%、日見和菌70%の割合で構成されており、この比率こそが最も人体に良いとされています。

 

しかし、ストレスや日頃の不摂生、食生活の悪化により、この黄金比率はいとも容易く崩され、私たちの消化・吸収といった生命の根幹となる体内活動に悪影響を及ぼします。

 

たかが便秘、されど便秘。

 

有害物資を多分に含んだ排泄物が大腸に蓄積されることで悪玉菌を増殖させ、結果的には身体全体に巡ってしまいます。

 

では、どうすればよいのか。

 

乳酸菌を始めとする善玉菌の多くは、外部より食べ物として摂取することで、腸内フローラに良い刺激を与え環境改善に効果をもたらすことが可能です。

 

代表的な乳酸菌を含む食べ物と、それに見合う食べ方をご紹介します。

 

 

 

まずはヨーグルトです。

 

市販のヨーグルトには、多い少ないなどの違いはあれど、一般的に全てのものに乳酸菌が含まれています。

 

R-1乳酸菌などは最近の研究で発見された新種の乳酸菌の数々で、腸内環境改善の他にも、免疫力向上や代謝促進といった、新たな能力も保有している非常に優れた乳酸菌です。

 

手軽に食べられるうえ、果物やきなこ、ハチミツ等と一緒に食べることで、食物繊維やオリゴ糖といった相乗効果のある物質も効率的に摂取出来ます。

 

 

 

続いては納豆や漬物の発酵食品。

 

前述のヨーグルトもこの類ですが、発酵食品というのは酵素の力と生きた乳酸菌の力で製造されるため、よりダイレクトに体内に運ぶことが可能です。

 

また、納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素は、腸内フローラの改善に貢献するのみならず、血栓融解作用や抗酸化作用、カルシウムの吸収促進といった効果も見られ、内面から身体を強くする、という観点では乳酸菌に引けを取らない要素があります。

 

 

 

また、腸内フローラの改善には、乳酸菌の摂取だけでなく、生きたまま乳酸菌を体内に届け、腸の蠕動運動を促すための、食物繊維の摂取も必要不可欠です。

 

食物繊維は大きく水溶性と不水溶性に分けられ、双方とも体内では独自に生産することが難しいため、食べ物から取り入れることが重要です。

 

水溶性食物繊維はワカメやリンゴ等の海藻や果物、不水溶性食物繊維はシソや豆といった野菜に多く含まれています。

 

その比率は1:2が望ましいとされ、近年は、菓子類に配合されたものや粉末化されたサプリメントなど、その摂取方法にも工夫が見られます。

 

自身に合った摂取方法を選択しましょう。

 

 

 

腸内環境を整えるには、多様な乳酸菌や食物繊維の摂取が基本です。

 

その多くは野菜や果物、海藻、発酵食品等の自然由来の力が備わった食べ物から取り入れることが出来ます。

 

反対に、肉や脂質、糖質は消化器官を疲れさせ、腸内環境に負担を掛けてしまいます。

 

悪玉菌の増殖の基となりますので、過剰摂取は避けなければなりません。

 

食べ物に関しての基本的なことは以上ですが、その他にも、精神的ストレスを溜め込まない、タバコやアルコールをひかえるといった日常生活面での配慮も必要になりますので、十分にご注意下さい。

 

腸内フローラの改善は、腸内環境の改善のみならず、巡り巡って身体の健康そのものに影響します。

 

正しい選択を以って、自身の腸内活動に貢献していきましょう。

↑ PAGE TOP